製品情報‎ > ‎

Fun Audio Effector



デモ版はこちら:                          製品版はこちら:
Available in Android Market     Available in Android Market

Fun Audio Effectorは、あなた好みの音を簡単に創り出すことができます。
Fun Audio Effectorは、数種類のオーディオ効果を使いやすいユーザーインターフェイスで提供します。

主な機能・特徴
  • ボタンとスライドボリュームだけで構成された使いやすいユーザーインターフェース
  • 5バンドのグラフィックイコライザー
  • 13プリセットイコライザー: 3個のユーザー定義プリセット(ボタンの長押しでイコライザー設定をセーブ)と10個のシステム定義プリセット
  • 低音ブースト
  • 仮想3D音響
  • 簡易スペクトラムアナライザー
  • オーディオ効果エンジンが動作していることを示す通知アイコン
  • 2つのイフェクターソースモード: 現在使用中のメディアプレイヤーに適用するプレイヤーモード*1、すべてのオーディオ出力に適用する出力ミックスモード  
  • 縦画面、横画面いずれも最適なレイアウトで対応、また画面の自動回転もサポート
         *1.一部のサードパーティ製のメディアプレイヤーは、プレイヤーモードが動作しない場合があります。この場合は出力ミックスモードを選択してください。

      注意

      1.このアプリケーションは、ライセンス確認のために定期的なネットワーク接続が必要になります。(それ以外の目的でネットワークにアクセスすることは
       ありません) いったんライセンスの有効性が確認されると、数日間はネットワーク接続なしで使用できます。

      2.カスタムOSのなかには、このアプリケーションで使用しているすべてのオーディオ効果エンジンがサポートされていないものがあるかもしれません。
          その場合、一部あるいはすべての機能が動作しないことがあります。 デモ版を使用することによって、お使いのシステム上でこのアプリケーションが
         動作するかどうか確認できます。


使用方法

1. Fun Audio Effector の画面を開く 

(1). アプリケーションランチャーから開く

    以下のアイコンをクリックします。
     

(2). アンドロイド音楽プレイヤー のオプションメニューから開く

    アンドロイド音楽プレイヤー "サウンド効果” メニューアイテムをクリックします。

(3). 通知パネルから開く

    通知パネルを開き、”オーディオ効果…”通知をクリックします。
    
  プレイヤーモードのときは、メディアプレイヤーが動作中のときのみ
  ”オーディオ効果…”通知が現れます。











いったんFun Audio Effector の画面が開かれると、設定に応じてこのアプリケーションで提供されるすべてのオーディオ効果が有効になります。



2. すべてのオーディオ効果を無効にする


すべてのオーディオ効果を無効にしたい場合はメニューボタンを押して、オプションメニューを開きます。
そこで”オーディオ効果OFF"メニューアイテムをクリックし、表示されたダイアログの中の”OK"をクリックします。


















3. イコライザーの調整

いずれか1つプリセットボタンを押すか(プリセットボタンのウィンドウは垂直方向にスクロールします)、グラフィックイコライザーのスライドボリュームを動かします。
プリセットボタンを押すとタイトルの色が緑に変わり、そのプリセットが選択されます。同じボタンをもう一度押すと、タイトルの色がグレーに戻り、プリセットは
解除され、最後に調整したグラフィックイコライザーの設定に戻ります。 これにより各設定の前後で容易に音を比較できます。

4. ユーザー定義プリセットの作成 (USER1, USER2, USER3)

USER1、USER2、 または USER3 ボタンを”保存”ダイアログが現れるまで、押し続けます。
ダイアログの中の”OK"ボタンをクイックすると現在のグラフィックイコライザー設定がユーザー定義プリセットとして
保存されます。


















5. その他のオーディオ効果の有効・無効設定

低音ブーストを有効・無効にするには、 "BASS BOOST" ボタン、仮想3D音響有効・無効にするには、 "3D"ボタンを押します。

6. 簡易スペクトラムアナライザー

簡易スペクトラムアナライザーはオーディオ出力の周波数成分を棒グラフで表示します。
各棒は、各オクターブバンドの信号強度を表します。

    注:
        出力ミックスモードでは、現状ではオーディオ効果の設定がスペクトラムアナライザー表示に反映されません。
        これは、アンドロイドOSの問題とおもわれます。
 

7. 詳細設定の変更

メニューボタンを押して、オプションメニューを開きます。 そこで”設定”メニューアイテムをクリックします。

(1) イフェクターソース

以下のいずれかを選択します。
 
    プレイヤー
    オーディオ効果は現在使用中のメディアプレイヤーに付加されます。
    オーディオ効果エンジンは、メディアプレイヤーが動作中のときのみ動作します。    
    これにより、システムリソースやバッテリーの消費を抑えることができます。

    出力ミックス
    オーディオ効果は、すべてのオーディオ出力に付加されます。
    オーディオ効果エンジンは、常に動作しています。

オーディオ効果エンジンが動作しているときは、以下の通知アイコンがステータスバーに表示されます。





(2) スペクトラムアナライザー

スペクトラムアナライザー表示が不要なときは、”表示”のチェックをはずすことにより消すことができます。
表示を消すと、縦画面の場合はプリセットボタンのウィンドウ、横画面の場合はグラフィックイコライザーのウィンドウがそれぞれ広くなります。
これは、特に小さい画面の端末の場合に便利です。

(3) 初期設定に戻す

”初期設定にリセット”をクリックし、表示されたダイアログの中の”OK"をクリックします。
初期設定は以下のようになります。
    グラフィックイコライザー : フラット
    プリセットイコライザ  : 選択なし 
    低音ブースト : OFF
    仮想3D音響 : OFF
    イフェクターソース : プレイヤー
    スペクトラムアナライザー : 表示

ユーザー定義プリセットはすべて保持されます。