製品情報‎ > ‎

YXS Video Player


 

Video list

Video screen


   
デモ版はこちら:                       製品版はこちら:



YXS Video Playerは、ジョグダイヤルによるコマ送り/コマ戻し、A-Bリピート、動画の共有など、数多くの便利な機能を備えたビデオプレイヤーです。
また、標準のビデオプレイヤーでは、サポートしていない数多くの動画フォーマットに対応しています。


主な機能・特徴
  • 使いやすいユーザーインターフェース
  • ジョグダイヤルによるコマ送り/コマ戻し
  • A-Bリピート - 開始位置"A"および 終了位置 "B" を指定し、A-B間を繰り返し再生することができます。
  • 動画の共有 - 選択した動画をGmail、Bluetooth、またはその他のアプリケーションで送ることができます。
  • ほとんどの動画フォーマットに対応 (3gp, avi, asf, divx, flv, m2ts, mkv, mov, mp4, mpg, ogg, ogv, rm, vob, webm, wmv, これら以外にも多数対応)
  • 字幕ファイルのサポート(ASS/SSA, AQTitle, JACOSub, MicroDVD, MPlayer2, MPSub. SubRip, SubViewer)
  • マルチ音声ストリーム、マルチ字幕ストリーム - 再生中に字幕や音声ストリームを切り替えることができます。
  • 動画が再生中であることを示す通知アイコン
  • イコライザーアプリケーションのサポート - 「Fun Audio Effector」との相性は抜群です。
  • バックグラウンド再生
  • 必要なアプリの権限は、「ネットワーク通信(Google Playライセンス確認)」のみ - 安心してご使用いただけます。

    システム要件
    • 1GHz 以上の ARMv7-A 互換プロセッサー
    • Android 2.3 以上

      注意
      
      1.このアプリケーションは、ライセンス確認のために定期的なネットワーク接続が必要になります。(それ以外の目的でネットワークにアクセスすることはありません)
          一度ライセンスの有効性が確認されると、数日間はネットワーク接続なしで使用できます。

      2.ネットワークストリームには対応しておりません。



    使用方法

    1. 再生

    ビデオリストの項目をタッチすると再生が開始されます。
    ビデオ画面の任意の場所をタッチするとコントロールパネルが開きます。


    (1). FF (早送り) / REW (巻き戻し)
        FFボタンをタッチすると、再生位置が指定されたシークタイム分進みます。
        REWボタンをタッチすると、再生位置が指定されたシークタイム分戻ります。
        デフォルトのシークタイムは、15秒です。 設定画面からシークタイムを変更することも出来ます。

    (2).  コマ送り・コマ戻し
        ジョグダイヤルにタッチして時計回りに回転させるとコマ送り、反時計回りに回転させるとコマ戻しができます。
        ジョグダイヤルにタッチすることにより、再生が停止します。 

    (3) A-B リピート
        FFまたはREWボタンや、シークバー、ジョグダイヤルなどをつかって開始位置に移動し、Aボタンをタッチします。
        同様に終了位置に移動してBボタンをタッチします。
        リピートON/OFFボタンをタッチすると、リピートモードのON/OFFが切り替わります。
        リピートモードがONのときは、A-B間が繰り返し再生されます。
        OFFの ときは、A-B間を一度だけ再生します。   
        再生位置A・Bは、A・Bボタンをそれぞれ長押しすることによりリセットされます。

    (4). 音声トラックの選択
        動画ファイルに複数の音声トラックがある場合は、音声トラック選択ボタンをタッチして、音声トラックを選択ことができます。
        選択した内容は電源OFF後も保持されます。
        音声トラックが1つしかない場合は、このボタンはタッチ不可になります。

    (5). 字幕トラックの選択
        動画ファイルに字幕トラックが存在する場合、または動画ファイルと同じディレクトリーに字幕ファイルがある場合は、字幕トラック選択ボタンをタッチして
        字幕の選択または字幕をOFFにすることができます。
        選択した内容は電源OFF後も保持されます。
        字幕がない場合は、このボタンはタッチ不可になります。
     
    (6). 字幕ファイル
        字幕ファイルは、動画ファイルと同じファイル名で、専用の拡張子を持っていなければなりません。また動画ファイルと同じディレクトリーに
        置く必要があります。
       
        例. 
            foo_video.mp4 (動画ファイル)
            foo_video.srt   (字幕ファイル)
        
        字幕ファイルは、専用のアプリケーション(テキストエディタでも可)で作成することができます。
        フォント設定やスタイルはサポートされていません。


    2. ビデオメニュー

    Video menu ja
    ビデオリスト上の共有または、リストから除外したい動画の項目をタッチし続ける(長押し)メニューが現れます。


























    (1). 共有
       Gmail, Bluetooth またはその他のアプリケーションで選択した動画を送ることができます。
       「共有」をタッチし、アプリケーションを選択します。

    Video share ja


    (2). リストから除外
        動画を リストから除外したい場合は、「リストから除外」をタッチします。
        除外されたファイルは、削除はされません。 設定画面から、いつでも元に戻すことができます。


    3. アプリケーションメニュー

    ご使用のシステムが Android 2.x の場合は、端末のメニューボタンを押すとメニューが現れます。
    menu Android 2.3x ja


    ご使用のシステムが Android 3.0 以上の場合は、メニュー項目(更新、設定)が、アクションバーに表示されています。
    menu ja


    (1). 更新
        更新アイコンをタッチすると、ビデオリストが更新されます。
        通常は、USBストレージが変更されると自動的に更新されますが、何らかの理由によりシステムが自動的に
        ビデオリストを更新しなかった場合は、手動で更新することができます。

    (2). 設定
        設定アイコンをタッチすると、設定画面が開きます。
        設定画面には、以下の項目があります。

        (A). 再生終了時の動作
            以下の動作を選択できます。
                 - リストに戻る
                 - 動画の最後で停止

        (B). FF/REW ボタンによるシーク動作
            シークタイムを選択できます。 (5秒, 10秒, 15秒, 30秒).

        (C). バックグラウンド再生
            チェックを入れると、他のアプリによってビデオ画面が閉じられた後も、音声トラックの再生をします。
            これは、イコライザーアプリからイコライザーの調整をする場合に便利です。
            通知パネルの「動画を再生中」をタッチするか、YXS Video Player のアイコンをタッチすると、ビデオ画面に戻ることができます。

        (D). ディスプレイOFFでの再生
             チェックを入れると、ディスプレイOFFになった後も、バックグラウンド再生を継続します。

        (E). 除外されたファイルのリスト
            除外されたファイルのリストを表示し、選択したファイルを元に戻すことができます。

        (F). イコライザーアプリを有効にする
            通常はこの設定を変更する必要はありません。
            ご使用のイコライザーアプリケーションが問題を起す場合のみ、チェックをはずしてください。



    サンプル動画について
        スクリーンショットの中で使われているサンプル動画は、「Big Buck Bunny」です。
        こちらから入手できます: http://www.bigbuckbunny.org